【FXの基礎知識】海外FXの特徴を8個のポイントで解説

FX
各記事にあるclipをクリックすることで、あとからもう一度読みたい記事をクリップ一覧にまとめておくことができます。
この記事で解決できるお悩み
  • 海外FX業者ってなに?だれのこと?
  • 海外FXの特徴が知りたい。
  • 海外FXか国内FXどっちを使おうか迷うな・・・

この記事ではFX歴8年以上の筆者が海外FXの特徴を徹底解説!

国内FXと海外FXはそれぞれ特徴がわかりやすくわかれているので、それぞれの特徴を理解することで自分にはどっちが合っているのか検討しやすくなります。

記事の最後では国内FXの特徴を解説した記事へのリンクや、国内FXと海外FXを比較解説した記事へのリンクを用意してあるので、ぜひ最後までご覧ください。

海外FXとは?

海外FXで有名なブローカーといえば、以下のようなブローカーがあげられます。

  • AXIORY
  • XMTrading
  • Titan FX
  • GEMFOREX
  • iForex
  • Tradeview

ブローカーとは、他人間の売買を仲介する仲立人のことです。FXブローカー(外国為替ブローカー)とは、通常は取引プラットフォーム(取引システム)を介して投資家からの注文を受け、市場で投資家に代わって売買を行う機関(業者)のことを指します。

これらのブローカーはいずれも日本の中でも海外FXを利用している人の中で特に人気の海外FX業者ですが、そもそも海外FX業者とはなんでしょうか。

海外FX業者とは、日本国内には拠点(本社や支店)がなく、日本の金融ライセンスを取得せずにFX取引を提供しており、日本の金融法適用外で運営している海外のブローカーのことを指します。

『海外FX』と聞くだけで『騙されないか?』『お金はちゃんと引き出せるのか?』と心配する方もいますが、日本からみたら海外のFX業者というだけであって現地では信用のある企業ばかりで、決して危険な企業というわけではありません。

国内FX業者はツールも案内も全て日本語でのみ用意しており、あくまでも日本人向けサービスとなっていますが、海外FX業者というのはあくまでも世界中のトレーダーを相手にサービスを提供しており、日本人を中心に運営しているわけではないというだけのことです。

海外FXの8個の特徴

最大のポイントは日本国内の金融法が適用されないため日本のレバレッジ制限(25倍まで)が適用されず、ブローカーによって違いますが最大レバレッジは400倍や1000倍、口座によっては5000倍など、日本とはかなり桁違いです。

この高レバレッジの他にも様々な特徴があります。

  1. 最大レバレッジ400倍・1000倍・5000倍と幅広い
  2. 平均スプレッドはやや広く、別途取引手数料が発生する口座もある
  3. 『信託保全』は義務付けられていない場合がほとんど
  4. 万が一トラブルが発生しても相談できる場所がほとんどない
  5. 海外FX業者が選択している取引方式は『NDD方式』がほとんど
  6. 預け入れ証拠金以上の損失発生時は無かったことにしてくれる
  7. 入金ボーナスなどトレーダーに嬉しい特典やキャンペーンが多い
  8. 確定申告をする時は総合課税

上から順に説明していきます。

最大レバレッジ400倍・1000倍・5000倍と幅広い

日本の金融ライセンスを取得せずに運用している海外FX業者はもちろん日本の金融法適用外となるため、最大レバレッジがかなり大きいところがほとんどです。

例えば、最大レバレッジ1000倍のブローカーの場合で考えてみます。

現在のドル円価格が100円、元手が5万円だった場合、日本だと25倍で100万円の取引ができますが、1000倍ブローカーだと5000万円の取引ができるということです。

つまり、一気に稼ぐこともできれば一気に証拠金を失う可能性もあるということです。

『大きいレバレッジで取引をするのはリスクがあるから自分には関係ない』と思っている方もいるかと思いますが、逆に考えるべきです。

レバレッジが大きければ少ない元手で多額の取引ができることはもちろんですが、単純に必要証拠金が少なくて済むということなので、強制ロスカットになりにくいとうメリットもあります。

例えば、現在のドル円価格が100円、強制ロスカット率50%、元手資金5万円の場合で100万円の取引をする場合を考えてみます。

国内FXだと最大レバレッジ25倍なので、100万円の取引をするには最小でも5万円必要となります。

強制ロスカット率50%なので、損失が25,000円を割り込むと必要証拠金不足となり強制ロスカットとなります。

海外FXで最大レバレッジ1000倍だと、100万円の取引をするのに最小で1000円あれば取引ができ、強制ロスカットラインはわずか500円です。元手資金は5万円あるので、49,500円の損失まで耐えることができ、49,500円を割り込むと強制ロスカットとなります。

このように最大レバレッジが大きいというのは高レバレッジで取引をする人だけが得をするわけではなく、慎重に低レバレッジで取引をしていきたいという人にとっても大きなメリットがあります。

平均スプレッドはやや広く、別途取引手数料が発生する口座もある

海外FX業者は取引方式にNDD方式を採用しているところが多いため、ほとんどのスプレッドが国内FX業者に比べて高くなっています。

また、ブローカーによって名称は異なりますが、『スタンダード口座』『NANOスプレッド口座』というように多くのブローカーが口座の種類を2種類以上用意しており、それぞれ以下のような特徴があります。

  • スタンダード口座→取引手数料はスプレッドのみだが、広い
  • NANOスプレッド口座→スプレッドは国内と同等レベルに狭いが、別途取引手数料が発生する

『信託保全』は義務付けられていない場合がほとんど

海外FX業者は様々な国で金融ライセンスを取得しているため、その国の金融法が適用されます。

日本の金融法では『信託保全』が義務付けられていることに対して海外の金融法は必ずしもそうではないため、海外FX業者によっては信託保全をしていないところもあるということです。

ですが、トレーダーからお金を預かってFX取引サービスを提供する上で企業は顧客数を増やすためにも信頼度を高めることは最優先と言えます。

そのため、義務付けられていないとはいえ自主的に信託保全をしているブローカーが多いというのが実情であり、知名度の低いマイナーブローカーさえ選ばなければさほど問題視するような点ではないように感じます。

万が一トラブルが発生しても相談できる場所がほとんどない

海外FX業者は日本の金融法適用外となるため、万が一トラブルが発生し国民生活センターや金融庁の金融サービス利用者相談室などに相談しても解決できない場合がほとんどです。

直接ブローカーに問い合わせても対応してもらえない場合は、ブローカーが金融ライセンスを取得している国の金融庁等へ相談する必要があるなど、英語が話せない人にはハードルが高いと思います。

そのため、海外FX業者を利用する際はトラブルが発生しても誰にも頼ることができないかもしれないということを覚悟して完全自己責任で使用するしかありません。

海外FX業者のほとんどが『NDD方式』

先程のスプレッドの件でも書きましたが、海外FX業者のほとんどがトレーダーからの注文をそのままインターバンクへ直接流す『NDD方式』を採用しており、取引の透明性が高く、約定力も高いブローカーが多く存在しています。

また、DD方式と違って業者が呑み行為を行わないため、スキャルピングを禁止しているブローカはほとんどありません。

自由なトレードをすることができます。

預け入れ証拠金以上の損失発生時は無かったことにしてくれる

国内FX業者は相場が大暴落や大暴騰などの相場大荒れ時に急激な価格変動により強制ロスカットが間に合わず預け入れ証拠金以上に損失が発生した場合、損失分を請求されると書きましたが、海外FX口座ではこの損失を無かったことにしてくれるという素晴らしいサービスがあります。

つまり、預け入れ証拠金以上の損失により口座残高がマイナスになってもトレーダーへ請求することなく、口座残高を0にリセットしてくれるというわけです。

国内FXの場合は預け入れている以上に大きな損失が発生した場合はそのまま借金が確定しますが、海外FXの場合は預け入れている資金以上の損失がでることがないということです。

これは国内FXにはないかなりありがたいサービスで、精神的にも安心して高レバレッジ取引ができると思います。

このサービスのことをゼロカットシステムと言い、単に追証なし(追加証拠金なし)と記載しているサイトもあります。

最大レバレッジや取引コストも海外ブローカーを選ぶ際には重要な点ですが、万が一のときのためにもゼロカットシステムサービスを提供しているかどうかは必ず確認すべきです。

入金ボーナス、キャッシュバックなどトレーダーに嬉しい特典やキャンペーンが多い

これはブローカーによりますが、初回入金100%ボーナスや取引量に応じてキャッシュバックなどのキャンペーンや特典を用意しているブローカーが多くあります。

100%入金ボーナスとは、例えば50,000円入金したら+50,000円分の取引ボーナスが貰えるということです。

そもそも高レバレッジなので少ない資金からでも気軽に始めることができますが、この入金ボーナスがあるおかげでさらに少ない資金から取引を開始することができるというわけです。

ボーナスキャンペーンで恐らく最も有名な海外ブローカーといえば『GemForex』だと思います。

新規口座開設で10,000~30,000円のキャンペーンや、口座開設後も100%入金ボーナスも2~3週間に1回程度と頻繁にキャンペーンを行っており、レバレッジも最大1000倍なので、少ない資金からでも気軽に海外FXを利用できると人気があります。

なお、この入金ボーナスなどのキャンペーンは取引に利用できるボーナスが付与されますが、お金として引き出すことができない場合がほとんどで、キャンペーンによっては『●●以上取引をするとお金として引き出せるボーナスに変換されます』という条件付きでお金に変わる場合もあるので、それぞれのキャンペーン条件をしっかりと確認した上で利用しましょう。

確定申告をする時は総合課税

日本の金融法が適用されない海外FXブローカーで利益を得たからと言って申告しなくていいわけではありません。

所得税法はどこで得た所得かではなく、どこに住んでいるときに得た所得かということになります。

そのため、海外FXブローカーを利用していても日本に在住している限り、日本に所得税を納めなければなりません。

国内FXの場合は申告分離課税が適用されるため、いくら稼いでも所得税率は一律で『約15%』となりますが、海外FXブローカーで得た利益は総合課税となるため、稼げば稼ぐほどたくさんの税金を収める必要があります。

しかし、総合課税の税率が申告分離課税の『約15%』を超えるのは『3,300,000円』以上の『20%』からとなるため、FXだけで生活ができるというレベルにまで達しない限りは、総合課税のほうがお得ということになります。

というのはあくまでもFXだけをしている人の話で、サラリーマンなどは会社からの給料もあるはずです。

総合課税というのは全ての総合課税対象所得の合計に対して計算するため、サラリーマンの年収と合わせて『3,300,000円』を超えた時点と考えると割とすぐに申告分離課税を超えてしまいますね。

また、国内FX業者のように『年間損益報告書』というものを発行してくれません。

そのため自分でMT4上などから年間の取引履歴を抽出して所得を計算し、確定申告の際には取引履歴を申告金額の証拠として添付して提出する必要があるので、国内FXと比べると多少確定申告が面倒というデメリットがあります。

まとめ

最後にこの記事で解説した内容をおさらいしておきましょう。

海外FX業者の特徴
  1. 日本とは桁違いの最大レバレッジなので、ロスカットまでの値幅が広い
  2. NDD方式なのでスキャルピングOKですが、そのため取引コストがやや高め
  3. 信託保全は義務ではないが、有名ブローカーはほとんど自主的に用意してる
  4. ゼロカットシステムにより預入金以上の損失が発生しない
  5. 入金キャンペーンが多く、少額から始められる

最大レバレッジやから取引手数料、確定申告の課税方法まで国内FXとは大きく異なる特徴を持っている海外FXですが、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いことが分かりますね。

僕も最初FXを始めた頃は国内FXを利用していましたが、海外FXの様々なメリットを知り現在では海外FXがメインとなっています。

国内FXの特徴については以下の記事でまとめてるので、国内FXか海外FXかどっちを使おうか迷っている方はぜひ参考にしてください。

国内FXの特徴はだいたい理解しているという方は、国内FXと海外FXをわかりやすく比較したページをご覧ください。

▼ コメント ▼

タイトルとURLをコピーしました