誤った確定申告をしないために!雑所得と雑収入の違いを簡単解説

確定申告
各記事にあるclipをクリックすることで、あとからもう一度読みたい記事をクリップ一覧にまとめておくことができます。
この記事で解決できるお悩み
  • 雑所得ってなに?雑収入とは?同じじゃないの?
  • FXは雑所得と思ってたら『雑収入です』ってサイトがあった。どっちなんだろう…

この記事では『雑所得』と『雑収入』それぞれの特徴を簡単に説明しているので、読み終える頃には『雑所得』と『雑収入』は全く違うものであることが明確に理解できますよ!

僕自身が以前同じような悩みを持ち、数十件以上のWebサイトを調べ、知り合いの税理士にも確認して理解した内容を記事にしました。

『雑所得』と『雑収入』の違いを明確に理解することで、確定申告の時にどうしたらいいのか悩まずに申告するべきなのか自然と答えが出せます。

FXは『雑所得』であり『雑収入』ではない!

結論からいうと、FXは雑所得であり、雑収入ではありません。

これは【雑所得】と【雑収入】の違いについてそれぞれを理解することで理由が明確になります。

FXの確定申告について調べていく中で多くのWEBサイトの説明で感じたのが『雑所得』と『雑収入』の混同、つまり誤った認識です。

あるサイトの記事では、

FXで得た収入は雑所得となるので雑収入で仕訳しておけば問題ありません

という記載がありました。間違えすぎてもはや怪文書です。笑

そもそも『雑所得』と『雑収入』には明確な違いがあり、上記のように『雑所得となるので雑収入で』なんて混ぜて考えられるものではありません。

以下に順を追って説明していきます。

雑所得とは?

国税庁のページに明記されてますが、税法上では『どんな手段で得たお金か』によって区分が分けられます。

この区分を『所得区分』と言い、以下10種類に分けられています。

所得区分収入の内容
利子所得預貯金や公社債などの利子(利息)
配当所得株式、投資信託などの配当
不動産所得  土地・建物などの貸付けによる収入
事業所得農業や小売業、製造業などの収入
給与所得勤務先からの給料や賞与
退職所得勤務先からの退職金など
山林所得山林を伐採し売却した際の収入
譲渡所得土地・建物、株式などの売却した時など
一時所得懸賞や福引の賞金、競馬の馬券の払戻金など一時的な収入  
所得上記のいずれにも該当しない収入
10種類の所得区分

サラリーマンに一般的に当てはまる所得(収入)は『給与所得』、起業した多くの個人事業主に一般的に当てはまる所得は『事業所得』などに分けられ、いずれにも該当しない収入(年金や副業等)が『雑所得』として区分されます。

原則として、FX・株取引・仮想通貨・アフィリエイト等は10番の『雑所得』に区分されます。

FXや仮想通貨などでは海外の取引所を利用している方も多いと思いますが、いずれの場合も所得区分は『雑所得』です。

雑収入とは?

事業で得られる所得(事業所得)のうち【売上】以外の収入のことを【雑収入】と言います。

例えば以下のような状況を考えてみましょう。

かれこれ23年も名刺やチラシなどのデザイン制作から印刷業者への発注までを一貫して請け負っている53歳のベテラン個人事業主がいました。

彼は今まで大きなミスをしたことはありませんでしたが、疲れていたのか印刷業者への発注段階で最終確認を怠りミスをしてしまいました。

クライアントからの発注依頼は10,000部だったのに印刷会社への発注ミスで100,000部も発注してしまった。

どうしよう・・・仕方がない。製紙会社へ古紙として売って少しでもお金に変えよう。

こうして彼は余った90,000部を古紙として製紙会社へ売ることで僅かながらお金に変えることができました。この時、本業のデザイン制作業ではなく、古紙の売買で得たイレギュラーな小さな収入となり、この収入のことを『雑収入』と言います。

つまり、『事業所得』の中での分類(勘定科目)として【売上高】と【雑収入】に分けられるため、所得区分の種類で考えると雑収入とは『事業所得』に分類され、雑所得ではないということが分かります。

まとめ

最後にこの記事で解説した内容をおさらいしておきましょう。

雑所得と雑収入の明確な違い
  1. 雑所得とは10種類の所得区分の内、いずれにも該当しない株やFXなどの所得
  2. 雑収入とは事業所得の内、本業とは別で得た収入
  3. 雑収入は所得区分でいうと事業所得なので、雑所得とは関係がない
雑所得と雑収入
雑所得と雑収入

以上をふまえた上でもう一度先程の怪文書を読んでみてください。

FXで得た収入は雑所得となるので雑収入で仕訳しておけば問題ありません

意味が分からない説明となっていることが分かるようになっていれば、あなたは『雑所得』と『雑収入』の違いについて理解できてますね。

ここまで理解できたら次は『課税方法』ついて知っておきましょう。

所得税の計算方法である『課税方法』には主に【総合課税】と【申告分離課税】がありますが、海外FXか国内FXかどちらで取引したかによって課税方法が異なります。

詳しくは以下の記事で解説してるので、ぜひご覧ください!

▼ コメント ▼

タイトルとURLをコピーしました